地域がん診療連携拠点病院の指定について

地域がん診療連携拠点病院の指定について詳細をご覧いただけます。

緩和ケアチームについて

緩和ケアチームについて詳細をご覧いただけます。

がん化学療法について

がん化学療法について詳細をご覧いただけます。

がん相談支援センターについて

がん相談支援センターについて詳細をご覧いただけます。

がんサロンについて

がんサロンについて詳細をご覧いただけます。

院内がん登録について

院内がん登録について詳細をご覧いただけます。

市民公開講座

市民公開講座について詳細をご覧いただけます。

がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会

がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会について詳細をご覧いただけます。

ごあいさつ

本多 つよし

いわき市立総合磐城共立病院
がん診療委員会委員長
福島県立医科大学 地域産婦人科支援講座 教授

本多 つよし

日本産婦人科学会専門医
日本臨床細胞学会細胞診指導医
日本がん治療認定医

 当院では、がん診療の質の向上や患者さまの診療支援を目的として、がん診療委員会を設置しております。がん診療委員会の組織として「緩和ケア部会」「がん化学療法・レジメン審査部会」「がん相談支援部会」「がん登録部会」の4つの部会を設け、各部門に必要かつ十分な人員を配し、万全な医療体制をとっております。特に緩和ケアにつきましては、緩和ケア病棟を持たない中、緩和ケアチームとして医師4名、看護師6名、薬剤師2名、栄養管理士2名、理学療法士1名、作業療法士1名、社会福祉士2名、臨床心理士1名を配し、病棟回診で機能の充実を図っているところです。来たるべき新病院の中には、緩和ケア病棟の開棟が予定され、その目玉と期待されております。

 また、当院には外来化学療法室やがん相談支援センターが完備されており、日々その任にあたっております。外来化学療法室では、毎朝、当日治療予定の患者さんの治療内容や直近の副作用などが報告、議論され、患者さんの安全を意識した化学療法が実践されております。がん相談支援センターには国立がん研究センタ-でがん相談員としての基礎研修を修了した社会福祉士5名が患者さんからの相談依頼を親身になって受けるシステムを作り上げております。院内がん登録では、国立がん研究センターでの研修を修了した診療情報管理士が、日々業務にあたっております。生存率調査はもとより、全国がん登録が始まることも踏まえ、体制を整えていこうと考えております。

 さらに、新たな事業として、地域に対するがん医療の普及、啓発事業として、当院主体でのがん医療における市民公開講座を定期的に開催しております。

 今後は、地域がん診療連携拠点病院として、これまで以上にがん診療の充実を図るとともに、地域における病院や診療所とのがん診療に関する連携を一層推進して参る考えです。また、がん相談に対する支援体制をより充実させながら、積極的ながん診療情報の収集・提供やがん医療従事者への研修に積極的に取り組んで参ります。さらに、当院の基本理念である「慈心妙手」を常に忘れず、慈しみ思いやる気持ちで患者さんに接し、優れた医療技術で診療を行うとともに、安心して受診いただける医療提供体制を強化して参りますので、よろしくお願いいたします。