血液内科

スタッフ紹介


役職・氏名 出身大学 卒年 資格 専門分野
主任部長
濱崎 洋一
福島県立医科大学大学院 昭和63年 血液内科、内科一般
部長
齋  敏明
東北大学 昭和58年 日本内科学会指導医、日本血液学会専門医、日本エイズ学会認定医 血液内科、内科一般
科長
阿久津 和子
福島県立医科大学 平成12年 総合内科専門医、日本血液学会専門医 血液内科、内科一般

特色

福島県浜通り地区の唯一の血液疾患専門診療科として、北は相双地区から南は茨城県北部までの 広範な診療圏の患者を受け入れている。標準治療を中心として、患者の幅広いニーズに対応している。
また、福島県での成人例としては初めての造血幹細胞移植治療として、平成4年に白血病に対する同種骨髄移植を実施した。 平成7年には、悪性リンパ腫に対する自家末梢血幹細胞移植を開始し、その後年間数例の移植治療を行っている。

症例数・治療・成績

年間の初診患者数はおおよそ、白血病30人、悪性リンパ腫40人、多発性骨髄腫20人、骨髄異形成症候群30人、 各種貧血(鉄欠乏性貧血・再生不良性貧血・悪性貧血・溶血性貧血など)30人、血小板減少症20人、 骨髄増殖性疾患(多血症・血小板増多症・骨髄線維症など)10人、出血凝固異常症10人などである。
このうち、強力な化学療法や免疫抑制療法を必要とする患者は入院で治療し、常時40から50人の入院患者がおり、 症例に見合った治療を心がけている。

★白血病の治療はJALSG(日本成人白血病治療研究グループ)の治療に、 悪性リンパ腫の治療はJCOG-LSG(日本悪性リンパ腫治療研究グループ)の治療に準じており、治療成績は 全国の主要施設と同等である。症例の重症度に応じて造血幹細胞移植も実施している。

★多発性骨髄腫や骨髄異形成症候群では高齢者が多く、QOLを重視した治療を行っている。

★近年の分子標的療法は積極的に取り入れ、各種疾患に投与し良好な結果が得られている。

医療設備

完全無菌室1床、準無菌室4床、簡易無菌室2床であるが、今後無菌病室を増設予定。 化学療法に習熟した看護スタッフが対応し、種々の検査は迅速に行われる。

外来診療

月~金曜日の午前、(月)阿久津、(火・金)齋、(水・木)濱崎が担当。
木曜日の午後、阿久津担当。
初めての受診の際は地域の医療機関からの病診連携システムによる紹介・外来予約が望ましい。