脳神経外科

スタッフ紹介

<患者さんへのメッセージ>

 脳神経外科主任部長の鈴木です。中通りの本宮出身です。仙台を中心に、北は北海道帯広から南は埼玉大宮まで多くの関連病院を回って腕を磨いて参りました。地域医療に貢献できますよう、これからも研鑽を積んでいきたいと存じます。何卒、宜しくお願い致します。


役職・氏名 出身大学 卒年 資格 専門分野
副院長
増山 祥二
東北大学 昭和55年 脳神経外科学会専門医・指導医 脳神経外科全般
(特に脳腫瘍)
主任部長
鈴木 保宏
東北大学 平成6年 脳神経外科学会専門医・指導医 脳神経外科全般
(特に脳血管障害)
医長
庄司 拓大
弘前大学 平成21年 脳神経外科学会専門医 脳神経外科全般

特色

当科は、主に東北大学の脳神経外科教室からの数多くの先生方の応援を得て、福島県浜通り中部から茨城県北部にかけての頭部外傷・脳血管障害(主として出血性疾患)をはじめとした急性期医療を担い、日本脳神経外科学会認定の専門医指定訓練施設(A項)として活動しています。現在は4名(うち専門医3名)で診療を行っています。外来は月・水・金曜日の午前で、午後は検査、火・木曜日は手術日となっています。しかし、当科疾患の特殊性から、救急患者は特殊事情がない限り、救急医療部と連携をとりながら時間外でも診療を行っております。主として急性期の外科的治療を行っておりますので、亜急性期あるいは慢性期になった患者さんは、リハビリテーション施設や長期療養型病院への転院を積極的に進めさせていただいております。
以下に当科で扱う主な疾患の概略を記します。

  1. 脳血管障害:くも膜下出血・高血圧性脳内出血など、主に出血性脳血管障害を当科で受け持っております。
  2. 脳腫瘍:代表的なものとして神経膠腫・髄膜腫・聴神経腫瘍・下垂体腺腫などがあります。腫瘍の種類や状態を十分に検討し、手術による摘出を行ったり、放射線療法や化学療法を行ったりします。脳腫瘍で最も多い神経膠腫に対しては、手術療法に引き続いて放射線化学療法を行います。
  3. 頭部外傷:当院は救命救急センターが併設され、救急専門医が初療にあたり、多発外傷に関しては各科の専門医も診療を行います。頭部外傷がメインの場合、当科で治療を行っております。
  4. 小児の脳疾患:当科では小児の先天奇形などの治療も一部行っていますが、小児脳疾患はかなり特殊なものであるため、大部分の患者さんはその専門病院(みやぎ県立こども病院・仙台)に紹介し、治療を依頼しております。
  5. 機能的脳疾患:三叉神経痛と顔面けいれんが挙げられます。神経と血管を離してあげる手術をすることで非常に高い頻度で治療効果が得られます。

診療実績

平成26年は退院患者総数528名、手術症例は脳動脈瘤53例(クリッピング術12例、コイル塞栓術41例)、脳腫瘍13例をはじめとして、総計244件の手術を行っています。手術はその約2/3が臨時・緊急手術であり、入院患者もその約9割が緊急での入院です。