耳鼻咽喉科

スタッフ紹介

<患者さんへのメッセージ>

耳鼻咽喉科が中心となって治療している癌には、耳の癌、口の癌、のどの癌、鼻の癌、首の癌などがあります。 当科は浜通りで唯一、手術、放射線、抗がん剤による総合的な悪性腫瘍の治療ができる施設です。 また悪性腫瘍だけではなく、めまい、中耳疾患、扁桃炎、いびき、嚥下障害、副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎など耳鼻咽喉科全般の検査、治療が行えます。 そういうこともあり、診療圏は、福島県のみならず県境を越えた茨城県北にも及びます。必要がある場合には当院の他科との連携を密にとることはもちろん、 県内外の大学病院やがんセンター、中核病院と連携して、患者さんにとって最善の治療を目指します。


役職・氏名 出身大学 卒年 資格 専門分野
主任部長
牛来 茂樹
鳥取大学 平成9年 日本耳鼻咽喉科学会専門医・指導医 耳鼻咽喉科全般
科長
石田 英一
東北大学 平成16年 日本耳鼻咽喉科学会専門医 耳鼻咽喉科全般
医長
田畑 摩純
獨協医科大学 平成25年
嘱託
吉田 拓矢
秋田大学 平成26年 耳鼻咽喉科全般

特徴

耳鼻咽喉科は、昭和36年9月1日に設置され、現在、常勤医師と東北大学病院からの外来・手術応援医師で診療にあたっております。
耳鼻咽喉・頭頸部外科領域の炎症、腫瘍、外傷、異物など幅広い疾患に対応しております。

一般外来は、月曜日から金曜日の午前中のみとしております。
月曜日午後は予約制による腫瘍外来、火曜日午後は予約制による頭頸部超音波外来、木曜日午後は予約制による小児のための学童外来を行っております。
手術は、水曜日および金曜日の午前と午後に行っております。

耳鼻咽喉科疾患

1)めまい
めまい患者の眼振を赤外線眼振鏡を積極的に使用することで、詳細な眼振評価が可能になりました。また,平衡検査一式を行うことが可能です。

2)中耳疾患
小児の急性中耳炎反復、難治の場合、鼓膜チューブの留置を考慮します。
真珠腫性中耳炎に対しては、外来での保存的治療の無効な症例では鼓室形成手術を行います。
鼓膜穿孔例は耳管機能を評価し、手術適応があれば鼓膜穿孔閉鎖手術を行います。

3)扁桃炎、いびき
口蓋扁桃の肥大、アデノイド増殖によるいびき、無呼吸(睡眠時無呼吸症)では、睡眠時の呼吸状況を検査にて評価し手術治療を考慮します。
扁桃炎の反復する場合も、手術で口蓋扁桃やアデノイドを切除治療を行っています。

4)嚥下障害
耳鼻咽喉科領域(口、のど、頸部)手術の有無を問わず、嚥下障害のある患者さんを、リハビリテーション室と共同で嚥下機能検査を行い評価し、嚥下訓練や手術治療を行っています。

5)副鼻腔炎
慢性副鼻腔炎(蓄膿症)に対しては程度によって抗生剤などの内服治療(保存的治療)をまず行います。無効な場合には内視鏡下鼻内手術 ( ESS ) を行い、手術後に内服治療を一定期間行うことで良好な経過を得ています。
また、小児の慢性副鼻腔炎に対しても、保存的治療が無効な症例では内視鏡下鼻内手術を行っております。

6)アレルギー性鼻炎
重度のアレルギー性鼻炎に対しては、内視鏡下に後鼻神経を切断する手術を行うことで鼻アレルギー症状の改善を得ています。
この手術によって、花粉症症状の軽減が可能です。
また時間的制限から、入院治療のできない患者さんには日帰りで、外来にて鼻レーザー治療を行っております。
患者さんのアレルギーの程度によって個人差はありますが、長期間花粉症の症状軽減が得ることができます。

7)悪性腫瘍
耳鼻咽喉科が中心になって治療している癌には、耳の癌(外耳道がん、中耳がん)、口の癌(舌がん、頬粘膜がん、歯肉がん、口腔底がん)、のどの癌(咽頭がん、喉頭がん)、鼻の癌(上顎洞がん、鼻腔がん)、頸部の癌(甲状腺がん、顎下腺がん、耳下腺がん)などがあります。
首のリンパ節のがん(悪性リンパ腫など)は耳鼻科で手術(リンパ節摘出)を行い、確定診断をつけた後に、治療を血液内科に依頼する形になります。
頭頸部領域の悪性腫瘍に対しては、手術治療だけではなく、機能温存を目的として積極的に放射線および化学療法を行っております。
喉頭癌では放射線と抗がん剤を組み合わせた治療によって、手術をせずに、喉頭温存を図っています。
進行した癌の症例では、形成外科および外科と共同で遊離皮弁を用いた再建手術を行っています。
下咽頭癌での咽喉食摘手術の遊離空腸再建手術
鼻副鼻腔悪性腫瘍への前腕皮弁再建手術などがあります。

県内外の大学病院やがんセンター、中核病院と連携して、超選択的動注療法や陽子線治療、内視鏡を用いた咽頭悪性腫瘍切除などの適応となる場合には、患者さんの紹介、情報提供を行います。


診療実績

2005年から2012年のデータでは年間の入院患者数が595から847名、手術件数が351から467名でした。入院患者、手術症例ともに咽喉頭疾患が多く、次いで鼻副鼻腔疾患が多く認められます。